昇り降りの日々

学務様が見てる

方向

書き始め、00:18

どこに向かうべきなのか、そんなことをよく考える。
何がしたいのか、そんなぜいたくな悩みをいつも抱えている。
何をすべきなのか、そんなことは悩みたくない。

すでに大学院生活がしんどい

僕は何を思ったのか、次に行く大学院で元々やっていた分野と真逆の分野を選んでしまった。
なぜかそのまま合格してしまい、M0生としてゼミをしているが、一緒にゼミをする人間がずっとその分野を勉強してきた人間なので議論に全くついていけない。
出来るだけ食らいつくようにしていて、その場で解決できるものはそうするように努めてはいる。
ただ今は僕の事情を知っている優しい学生相手だから上手くいっているわけで、このままそれに甘えぜるを得ない状況が続くとM1になって教員の前に立つと死ぬ。
ましてや僕が通う大学はそういう人たちが集まる大学なわけで、中途半端に修士だけとってやろうなんてそんな人はいない。

僕は『甘い』のである。どこの世界に行っても。
考え無しに飛び込み、また考え無しに別のものに飛びつく。
学生である間はそれが許される、そう考えたからこそ今の選択肢をとったのだと思う。
そうやって時間が過ぎるのをずっと待って、許されるのを待っている。

新しく働くことになった職場は非常に環境が良くて、お金ももらえるし家から近いし家賃のいらない家もあるし、何ならもうそこに就職してしまいたいとさえ思ってしまう。
けどそんな感じの理由で前の環境を捨てて今の環境に飛びついたわけで、仮に本当に就職したとしても半年もすれば「辞めたい」といって次の場所を探し始めるのだと思う。
存在しない『お似合いの場所』を一生探している。
そんな一生、短いほうが幸せな気がしないこともない。

”きっと長く助走をつけたほうが高くに届くわ”、そんなことを言われた。
僕は「お前はマラソンでも走っているのか」といわれてもおかしくないくらいに助走をとっている。
きっと踏み切るころには上がりに上がったバーにかすりさえしない弱弱しいジャンプをするのだろう。
いや、ジャンプすればいいほうかもしれない。
バーは上がり続けている。
今飛ぶか、下を潜るか、それとも、マラソンのゴールのその先へ向かうのか。
その決断さえもゴールが見える気配がない。
もう、許してくれ。

書き終わり、00:37

近況

書き始め、21:02

労働し始めた

応募していたバイトに無事受かり、働き始めた。
今までやったバイトは軽い仕事ばかりだったが、今回の職場はいかにも会社というような感じ。
巨大な組織の中の一員として、同じものを作るというプレッシャーがすごい。
人間関係がどうなるかは別問題として、環境としては異常なくらい良い。金のある会社はすごい。
とりあえず週3~4日、フルタイム出勤して荒稼ぎする予定でいる。

本を買った

労働し始めたことと、月が明けたことにより余裕ができたので新しく本を買った。

たとえとどかぬ糸だとしても1 (百合姫コミックス)

たとえとどかぬ糸だとしても1 (百合姫コミックス)

感想はTwitterに書いたとおりだが、全体としては読んでいて辛い。
読むのが辛いというわけではない。むしろどんどん読んでしまう。
一人分の人間の感情だけでもとても複雑なのに、その人間同士の関係が絡まり、余計に身動きが取れなくなっていく。
早く続きが読みたいけど、読みたくないという気持ちもある。

水族館の年パスが欲しい

水族館の年パスが欲しい。
池袋のサンシャイン水族館ならプラネタリウムも半額になるしいいかなぁと思ったけど、水族館にいるペンギンが一種類しかいないらしい。
僕はペンギンが見たい。
ついでに飯田橋の映画館の年パスも欲しい、どうしよう。
今月中にどっちかを買う、と思う。

書き終わり21:14

柚子の花のような

”汚れちまった悲しみに、なすところもなく日は暮れる”
そんなことを言った人がいるらしい。
なすところもなく日も暮れたあとのこの時間、虚無をするのが嫌で本を読んだり、ゼミの予習をしてみたりする。
それでもやっぱり悲しみ、あるいは虚しさが消えなくて、ぼんやりとした不安が僕の心を更に暗くする。

続きを読む

亡霊

あなたは幽霊を見たことがあるだろうか。
僕は、ある。一人だけ。

僕はずっとその存在を信じていなかった。
ただ周りの人間や世の中にあふれる書籍はみんなその存在を肯定していて、僕の知らないところで闊歩しているようだった。
必死で探してみた。でも結局、義務教育を終えてもその姿を目にすることはなかった。

続きを読む

黒、透明

「色が失われていく」、という表現がある。
この世に絶望したとき、何かへの関心を急速に失っていくとき、そんな時あなたの心には暗い雲が立ち込め、視界からは色が失われていく。
鮮やかに色づいていたあなたの世界は暗くよどみ、まるで真っ黒の世界に閉じ込められたかのような……え、黒なの?

黒ってあらゆる色が混ざってできた色なはずだ。
もしあなたの視界に真っ黒な世界が映っているのなら、それはきっといろんなものに巻き込まれてごちゃ混ぜになってしまっているのかもしれない。
色が失われる、というよりも色が混ざるという言葉のほうが正しいのかもしれない。

あるいは、白黒であったとしてもそれはそれで乙なものである。
あらゆる無駄を排し必要な起伏だけを切り取った景色は、きっとあなたにとって大事なものが何かを教えてくれる。

そんな君はどうなの、という話だが僕の世界は透明である。そして僕自身もまた透明である。
まだ誰からも関心を向けられず、また僕からも関心を向けることはない、色が失われた状態の最上級。
この世の誰の瞳にも映らない透明人間だ。
でももし、あなたの”色のない世界”に僕の姿が見えるなら、今の僕の顔をきっと覚えていてほしい。

「”透明人間”という曲があるのを知ってる?」、そう言ったあなたの顔が思い出せない。
あのときのあなたもまた、色を失った透明人間だったのだろうか。

短編集

初めてバーとやらに行った

引っ越しも近いので先輩に「旨い酒を飲ませろ」と丁寧なお願いをしたらバーに連れて行って貰った。
開店の時間から閉店の時間まで6時間ほど美味しい酒を飲み、先輩と友人と喋りまくった。
もう少し早く知れていれば通ったのになぁ、と思ったけどこればっかりはしょうがない。
関東に引っ越した暁にはいろんな店を開拓して、いろんな酒を飲んでみたい。
今回はウイスキーに挑戦したのだが、かなり美味しかった。シングルモルト、という種類が好きらしい。

後ろを振り返ってばかりのお前の人生

最近自分の生まれ故郷を巡ったり、過去の友人を訪ねたり、幼いころの記憶にある場所を巡ったりしている。
片付けをしながら中学校や高校の頃の写真を眺めたり、昔の自分が書いた文を読んだりもしている。
時期が時期だからということもあるが、どうしても後ろを振り返り過ぎな気がする。
なんでこんなことばっかりしているのだろう、と思ったけど、多分今積み重ねる思い出が無いから過去のきれいな記憶にすがってしまっているのだと思う。

…ということをすでに過去の僕が書いていた。

ladder-frck.hatenablog.com

引っ越しまであと4日。