昇り降りの日々

そっとしておいてください

今の現状、この先どうするか

少し気持ちが冷静になったので、色々まとめようと思う。

 

まず結論から言うと、研究が楽しくない。

「研究」とよばれるもののスピードと正確さについていけない。

昔の記事にも書いたけど、僕は未開の地を開拓することが好きなんじゃなくて、自分にとっての新しい場所を旅するのが楽しかったのだなぁ、と思った。気付いてないふりをしてたけど、そろそろ進路を真面目に考えなければならない時期になって、やっと自分の現実に少しずつ目を向けられるようになってきた。

僕は他の人間の思考したことを盗んで自分のものにして、上辺だけ考えてるふりをしてただけだった。幸いか不幸か、僕の周りの人たちは賢い人が多く、その人達と一緒に勉強する機会も多かった。その中で自分は自力で考えることをせず、そこで得られた「知識」を別の場所で自分のもののように見せびらかしていた。

そうやって上辺の知識を塗り固め、基礎も深い理解もなかったままここまで来てしまった。複素関数論とか何もわからん、留数って何。揺動散逸定理って何だ。理論の名前だけいっぱい知ってる、中身は全くわかんない。やったふりでやったことになる。ごまかしだけとても得意になっている。

 

今自分は研究室の活動を義務としてこなしている。週に一回の進捗報告、2ヶ月に一回のLong talk、これらのミーティングのたびにいがキリキリする。質問の意味さえわからない。僕に投げかけられる質問すべてがナイフのように刺さる。義務としてそれを淡々とこなそうとするけど、その前に心が荒れてしまう気がする。たった半年で、しかもかなり手加減してもらった状態でこの有様だ。あと二年間僕は戦えるのだろうか。大学院の入学書類の提出猶予はあと3週間ある。多分入学書類提出すると思うけど。住む場所もなくなっちゃうし奨学金も止まって生活ができなくなる。現状はこの3月で必死に未来のことを考えて、モラトリアムの中で打開策を考えるしかない。

 

しかし義務感で研究をやってるとは言ったものの、世の中のものって大抵そうなんじゃないのか?仕事とかを心の底から楽しいと思ってやってる人ってどれくらいいるんだろう。

もっと根本的なことを解決しないと、仮にアカデミアの道から逃げ出して就職しても、同じように逃げ出してしまう。

「自分が持ってるもので戦うしかないんだよ」と学部二年の頃先輩に言われた。今僕は何を持ってるのだろう。もっと冷静に見つめ直さなきゃいけない。どれだけ真面目な人でも、物理のすべてを知りえない。ましてや世界のすべてなんて知りっこない。開き直りが必要なのか?努力が必要なのか?どの方向に進めばいいんだ?

また目の前が真っ暗になって、右に行ったり左に行ったり、進んでみたり戻ってみたり、自分が今どの方向に進んでるかもわからない状態でジタバタしている。取り合えす動いてみて今自分の周りに何があるかを把握しなきゃいけない。

 

最近良く「言い訳が多いよね」「逃げじゃないの」と言われることが格段に増えた。実際その通りなのだけど、結局そんな自分に付き合っていかなきゃいけない。まあ言ってしまえば努力がしたくない、必要最小限の力でどうにかしたい、道を進むなら最短経路がいい、っていう昔からの自分の思想のせいもあるかもしれない。やっぱり僕が間違ってるなかなぁ。正直何もかも捨てて投げ出したいけど、今自分の立ってるところが不安定すぎて、逃げ出したあとに帰ってくる場所が無くなってしまう。プチ失踪くらいでとどめたい。

 

自分の中だけでゴニョゴニョしてるだけなので、人にも相談したい。どうも最近追い詰められると視野がめっちゃ狭くなる。

 

何をしたらいいんだろうか、ということ

自分の周りの状況は今どうなってるのか

自分の持ってるものってなんなのか

これを最低限でもわからなきゃいけない。

あとでまとめる心のもやもや

一度で理解しろって無理では、どう答えてもキレられる、むりだろ、最初から完璧を用意しろ?その通りですねハイ僕が悪かったです大変申し訳ございませんでした

 

自分も賛成してたくせに一番強い人が攻撃し始めたらそれに乗っかって攻め始めるの何なんだ、そうやって下の人間を作って自分の居場所を確保しようとしてるんだろ、死んでくれ

その場にいない人を袋叩きにして気持ちよくなっていて、結局この人達には自分よりも下の人が必要なんだと思う

きっとあの人が袋叩きにされてるのは、言われたことを一度で理解できないから、言われても改善しなかったって点があるのかもしれない

たぶん次は僕の番だ、きっとあの人達は叩かれる方が悪いと言って聞かないんだろう

そう思いながらもその人達に迎合する自分の醜さを棚に上げるなと言う話なんだけどさ

 

それがどれだけ正しい指摘であっても、心が先に壊れたらしょうがないじゃないか、

思い切り殴ったあとに優しい言葉をかければなかったことになるのか。

お前がどれだけ正論のようなもので殴ってきても意味がない、それをすることで気持ちよくなってるだけの糞野郎だ。俺は感情の話をしている。

 相手を困らせようとヘラヘラしながらこっちに近づいてくるやつも死んでくれ。

 

僕はこの領域のスピードや正確さについていけないことに気づいてしまった。

いや、薄々気づいてはいたけど、気づかないふりをしていただけだ。

夢という言葉でずっと自分を騙していた。その言葉で自分が強くなったのだと錯覚していたけど、そろそろ現実に目を向けるべきだ

って思ったけど、これは自分が使えない人材であることを自ら認めて開き直ってるだけなんだよな、はいそうですか

 

ご苦労様でした、ドロップアウトの道を探して、自分ができないとずっと言い訳して生きればいいよ、負け犬と開き直って一生泥水をすすっていきてろ能無し野郎、自分をいじめれば許された気持ちになってしまう、お前は一生許されないぞ

 

 

前向きな死

「死にたい」と言うと「せっかく親から貰った命なのに」「他の人が悲しむからやめなよ」とお説教を食らう。アホくさい。

僕の命は僕のものだし、終わりの決め方くらい自分で決めさせろ。それとも何か、お前らは僕の命を産み落とすだけでは物足りず、僕の命を自分の所有物や自分の心を満たすために使うつもりなのか。

 

バズってるツイートの下にぶら下がる、少ないサンプル数でものを語る人間たち、とてもやばい。自分の身の回りだけが世界だと本当に信じている。大学進学するまで自分もそうだったのであまり笑えないけど、でもどうやら世の中にはそんな狭い「世界」で生きている人たちがマジでいる。しかもかなりの数。「ソースは俺の弟」っていう馬鹿みたいに少ないサンプル数で全体を語ろうとするやつが本当にいる。そういう人間が統計を語っている。やばい。

 

客観的に見て、僕の意見っていわゆる「甘え」にしか見えないんだよね、だからなんだ。

お前らが言う「甘え」っていうのは、自分の常識に合わないものを「甘え」とよんでいるだけじゃないのか、違うか?

 

 

前向きな話題。

柚子の香りが好きです。アクアシャボンの柚子のオーデトワレが死ぬほど好きな香りなので買ってしまった。けど人によっては気になる人もいるだろうし、人前ではつけられない、結局使えずじまいで、寝る前につけてニヤニヤしながら寝ている。ゆず好き。文明が滅びてもゆずだけは残ってほしい。

 

昔みたいに面白い記事を書きたいなぁ、楽しい記事をいっぱい書きたいですね。楽しいこといっぱいしましょう。

スーパー自分大好きタイム

今日もいつも通り傷口をえぐって精神的な自傷をしていたのだが、たまたま、昔とあることがきっかけで全く受け付けなくなった傷口を見つけてしまい、抉ってみたら過去最高に気持ちよくなってしまった。

それをえぐった瞬間にいろんな正の欲求が出て来て、ビックリするくらい笑いが出て、そんなことをしてしまってる自分が最高に好きになってしまった。

今日の僕は無敵だ。自分大好きパワーが満ち溢れていて、なんでもできる気がする。どれだけ深くたくさんの傷口を抉っても、どこを抉っても最高に気持ちいい、初めての感覚だ。毎日こうであってほしい、最高の全能感に包まれていて、このまま思いきり長く助走をつけて理学部棟の屋上から跳びたい、多分今なら最高の気分で飛べる。

でもパンピはいつもなにも考えずにこんな全能感を手にいれてるのかと思うとムカついてきた。こうていかんを自力でしか作り出せない僕。

違う、これは進化した形なんだ、独立した個体のなかで精神を満たすことができる、外部のものには依存しない、僕はそれができる、最高。

でもどうせ、明日にはうつ状態にストンと脱励起するんだろうなぁ、毎日こんな生活送りたい。

夢を追いかける幻

いつか夢は終わって、その記憶は少しずつ消えていって、最後には忘れてしまう

でもきっと心の何処かに残ったその欠片を、心の片隅に抱えて、チクチクとした何かを感じながら生きていくことになる。

 

終わらない夢の始まりをみていた過去の自分と、終わらない希望の終わりを見た自分と、終わらない空虚を漂う僕。

小さな翼だけど、それでも、どこまでも行けると信じていた。思いきり助走をつけて、きっとどこか遠い理想郷へ、踏み切ったその先、飛んでいたと思っていた僕には翼なんて生えてなくて、ただ空を舞いながら落ちているだけだった。地面が近づいてきているのに気がついたのはつい最近で、ゆっくり死ぬときを待っている。

 

いつまでも青春の亡霊を追いかけている僕はあと数年で学生という大きなアイデンティティをなくす。僕が追いかける亡霊はますます遠ざかり、呪いは遠くなるほど強くなり、手に入らないものほど欲しくなる。

 

一つのことに夢中な君は何よりも美しい、時が止まったまま、何にも目をくれず、その場所で輝き続けてほしい。外の世界なんか、知らないほうが幸せだから。

刹那的に生きていることに激しい快感を覚える。

 

女になりたいという気持ちがあるのだが、きっとそれは、性を消費したいという欲求から来ていて、それはいわゆる欲求不満なんだなぁ、と思った。

ここ数年特に恋愛したいみたいな感情がない。結局その欲求は本質を変えないまま少し形を変えて僕のあらゆるところに現れる。それが「何もしたくない、施しを受けたい」という感情と入り混じって、めちゃくちゃだるい人間になってしまっている。

自分のままで有りたい欲求、性を消費したい欲求、でもそれを満たすには社会に順応しなければいけない。

彼女がほしい、恋人がほしいと言っているわけじゃない。もっと本能的な、原理的な部分の欲求を満たしたいのだ。しかしこれだけ成熟した社会システムの中でのそれは、社会的な要素や意味を付加され、それも同時に満たさないと得られないようになっている。

そういった餌をつられていて、社会に屈服しかけている自分が憎い。

 

ところで社会ってなんだろうか。僕の気に食わないものを社会と読んでこき下ろしているだけな気がしてきた、また気が狂いそうになってきた。

わからないままでもいいのだ、何であれにくい相手であることには変わらない。必ず社会と呼ばれるものに復讐する。弱めの強い意志。将来の夢はテロリスト。

効率良く生きるために社会の枠組みに収まって奴隷になることを選んだ(というか気がついたらなってた)のだけど*1、社会になるための道を歩んでいたら自分の欲求が満たされないことに気づいた。

でも僕のその欲求を満たしてくれるものは社会から提供されるものしかなくて、僕は「人間から」供給されるそれを持っていない。普通はみんな社会ではなく人間やそれに近いものに欲求を満たしてもらうらしい。

例えば恋人、家族、ペット、など。僕も豊かな心を手に入れるために、欲求を満たす何かをもっと原理的なレベルで提供してくれる人間を用意すべきなのだと思うけど、どうやら世の人はそのような考えでは動いてないらしく*2、どうも自分と利害が一致する人が見つかりそうな気がしない。最初から探すのがめんどくさいから探してないだけなんだけど。

 

こんなちょっとだけ高尚な考えを持った気がする自分に酔ってるだけで、このブログを書いてるんだと思う。

みんな優しいから僕の弱さとか幼さに言及しないだけで、本当はかなり辟易しているんだなぁ、と何となく感じることがある。冷静になったあとに自分のツイートを眺めたりするとよくある。結局自分が暴走してるときはどうやったって客観的に見ることはできないので、暴れる場所を意図的に隔離するか、するしかない。

*1:例えば高校大学進学、就職活動など

*2:過度に神聖化された「恋愛感情」とか「気持ち」で動いているらしい。