昇り降りの日々

そっとしておいてください

長い文を書くこと

よくボスは「みんな文章を書くのが上手ではない」とぼやいている。

僕もその例に漏れず、あまり文章を書くのがうまくない。

 

いろいろと自分の書いてきた文章を見返してみたが、どうやら僕は長い文を書くことが苦手らしい。レポートにしてもブログにしても短い段落に短いセンテンスが目立つ(昨日の記事然り)。前後の出来事や文章をつなげる能力が著しく低いのかもしれない。

 

最近の人間はTwitterなどの短文投稿に慣れてしまい、このような傾向が強いらしい。本当かどうかは知らない。

 

箇条書きなどのように短く区切って大量の情報を並列に並べた後にまとめの文章をつなげると、箇条書きにされた内容をすべて覚えたうえでそのまとめを読まないといけなくなるので自分の中に入っていきにくい文章になるらしい。

 

特にそんなことを意識したことは無かったので、「まあ言われてみると…」という感じ

 

論文にしてもレポートにしても何にしても、これから言葉のみ、文章のみで何かを伝えるという能力がさらに求められるだろうし、最近はどうにか意識して文のつながりを意識しながら書いているが、どうもうまくいっている気がしない…

 

ボスが同時に「最近ブログ書く人少ないからなぁ」ともぼやいていたので、ブログで文を書く力が鍛えられるということか…?と思い、影響を受けやすい僕はこうしてブログを書いているわけだが、続くのだろうか。そもそもこれは効果があるのだろうか…?

 

 

 

あまり関係ない話だが、祖母は10年以上毎日ブログを書いている。すごい。

僕の好きなこと

僕は新しいものを見るのが好きだ。

それは、世界で初めての物じゃなくてもいい。

他の誰かがそれを見たことがあっても、それを知っていても、僕にとって新しければそれでいい。

 

僕は旅に出るのが好きだ。

見たこともない土地に人が住んでいる、見たこともない店に毎日通っている人がいる、その事実が僕にとって何よりも衝撃だ。

 

僕は歴史を見るのが好きだ。

その土地に誰かが住んでいた、僕の足の踏み入れたことのない土地に足を踏み入れた人間がいる。僕の住んでいるこの島は、どこまでも人間に踏破されている。その事実を目の当たりにするとき、僕は人間の歴史の長さと偉大さを感じる。

 

僕にとって物理を勉強することは、旅に出て、歴史を感じて、自分にとって新しいものを見ることと同じだ。

 

でも、僕は果たして、誰も踏破したことのない土地を踏破したい、誰も見たことのないものを見たいという欲望はあるのだろうか。

それはつまり、アカデミアの世界に身を投じ、世界でだれも見たことがない現象を発見することに楽しみを見出せるのだろうか、ということである。

 

 

僕は探検家ではなく、ただの旅人なのではないだろうか。

KEKサマーチャレンジに参加した

第10回KEKサマーチャレンジに8月17日~26日で参加してきた

 

忘れないうちに感じたことを書き留めておこうと思う

 

  • 参加者のレベル、学年が一緒なので話しやすい、交流しやすい

普段恥ずかしくてしゃべれない将来のことや、間違ったことを言うのが怖くて言えない自分の興味のある分野の最新のトピックについて、簡単に交流をすることができた

初日から談話室で何時間も自分の興味分野について語り合ったのが印象深い

  • TA,教員と気軽にディスカッションをできる環境が整っている

朝は8時から、夜は夜中まで、教員やTAがつきっきりで議論や指導などを行ってくれるので、疑問をためることがなく、理解はさらに深めることができる。
TAの一部の方(遠方の大学から来ている人など)は同じ寮に泊まるので、夜中まで話に付き合ってくれる

  • 本気を出しても、疑問を突き詰めても誰も文句を言わない

大学の実験では本気を出すと、仕事が増えるので他のメンバーからのひんしゅくを買ってしまう
しかしこれに参加している人たちは、単位やGPAなどは関係なく、ただ単純にわからないことを知りたい、もっと最終的な目標(より良い発表)に向けて努力は惜しみたくない、という姿勢
なのでテキストに載ってなくても、自分が疑問に思った点、深めたい点など、を気軽に提案して、班員、教員などとディスカッションしてより深めることができた


  • 疑似研究者生活体験ができる

割と実験スケジュールは忙しく、最後の発表やポスター作製に向けて、グループで協力して、スケジュールなど見通しを立てながらやらないと間に合わない。
研究者になると論文の提出という目標に向けてグループで議論をしたりすることが多々あると思う。それを疑似体験することができる。


  • 結局

大学の授業は、単位のことやGPAの関係もあり、のびのびと実験やディスカッションなどができないが、ここはそれができて、将来の研究者としての活動により近い体験ができたよ!という感じ

これが単なる実験体験とは違うところだと感じた

 

 

でも何よりも素晴らしい友人がたくさんできたのが一番大きいのかなぁと思う

物理に限らずいろんな話ができて本当に楽しかった

 

今後学者になる・ならないに関わらず、これからも仲良くしていきたい

誰か同窓会(というかオフ会)開いてください

院試までにやるべきこと?

今のところ受験先は東大か京大の統計基礎理論系を受けたいと思っている

 

科目をざっと見た限りでい今の僕がやるべきこと、参考書を挙げようと思う

 

 力学

解析力学の復習:1年生のゼミで

演習は適当になにか本を買うべき

 

・相対論的力学

これが載ってる演習書を買おう

 

電磁気

・理論電磁気学

物体中の問題や電磁波の問題が院試で多いので読み直す

 

・演習書

今のところ大学演習シリーズをやる予定

 

熱力学、統計

・田崎統計

量子力学を使った古典統計の形成をやったことがないのでこの本で読んでみる

 

・久保演習

これはゼミでやる予定。

 

 

量子力学

・摂動

何でやればいいのか決めあぐねている

江沢さんの本や、サクライの下巻、いぎかわの2巻などが候補にあるがどれにしよう…

 

・イギカワ①

波動形式でやれるようにならないといけない

院試問題を見る限りこれで全てが事足りるとは思わないが、これが解けないとどうしようもない

ほかの演習書も探そうかな

 

角運動量辺りの議論

サクライ上巻3章らへんをしっかり復習するのと、イギカワの5章をしっかり復習しよう

サクライは上巻しか読んでないけど演習も全部解きたい

 

こんなものかなぁ

 

8月14日(日)進捗

二度寝して12時過ぎに起きる

13時から談話室に引きこもるがTwitterがはかどり進まない

 

 進捗

イギカワ大問2つ

 

少ないなぁ……

明日はサマチャレの予習と準備をしよう

あと今日解けなかったイギカワ大問2つ+1くらいやって、時間が余ったら非平衡よみたいなぁ

 

とりあえず強い精神をもってTwitterを閉じよう