昇り降りの日々

学務様が見てる

日記

君の感情を食べたい

大きな感情に押し流されて、ほんの少しだけ背筋が伸びる。 あと一歩の後押しを、血肉になった感情が手助けしてくれる。 でも今日は大きめの感情を食べ過ぎてしまった。 一杯食べて大きくならなきゃいけないけど、やっぱり食べ過ぎはよくないらしい。 明日に…

20190605

おしごと 朝から晩まで11hきっちり働いた、えらーい。 ただやっぱり、もう少し堂々と人と接しなきゃいけないなぁー、と思った。 こちらが弱気ではあちらも信頼のしようがないだろうし…… あとは自分で決めた「6月はメンタルシバき月間」をうまく利用したい。 …

20190604

地獄 バイトで依頼されていた作業がようやく終わった。 間違いなく今までで一番簡単ではあったが、構造の問題もあって一番大変で神経がちぎれそうだった。 あれは確実に拷問の一種。 例えるなら、エクセルの計算をセル毎にそろばんで検算するような作業だっ…

20190531

行っちゃいましたね、5月。 さっさと院生活終わらせたいのでもっと早く過ぎてほしいけど、うーん、色々複雑な感情が渦巻いている。 髪を切った 前切ったのが入学式前だったのでちょうど一ヶ月半くらい、タイミング的には丁度いいし、何より好きな女に会いに…

20190523

かぜをひいた 久々に風邪をひいた。 多分ここ数年で一番体調が悪い。 大学で講義を受けながら、ここをサボったらすべてが終わるという状況で必死に悪寒と戦っていた。 案の定38度の発熱があり、次の日の授業をすべて放棄して寝た。 2hに一回起きるという地獄…

一分の余白

「東京タワーに行きたい」 なぜかそう思った。大学で5限の授業を受けていた。でも、東京タワーに行きたい。行きたい。行きたい、行きたい、行きたい!僕は耐えられなくなった。目の前にある過去の学問よりも、その衝動に身を委ねた。 用事を思い出した振りを…

冷めた

たぶん僕は君のことが好き、だった。 5年前のあの日も朝から晩まで君のことを考えて、いつか振り向いてもらえると思って、どんな苦しみでも耐えられると本気で信じていた。 一緒に過ごすようになっても君はやっぱり魅力的なままで、考えすぎて心を病むくらい…

たまには未来を見つめて

この世の中は腐っている。腐りきっている。 カラカラに乾いた砂漠の中で、数年に一度だけ口にできる一滴の雫のために生きているような感覚だ。 僕は死ぬ度胸もない。なんとなく社会からかけられている圧力に屈しかけている。 でも、僕はそれでも屈しない。 …

メンタルパワー

ほぼフルタイム出勤をするフリーターのような生活をしていて、良くも悪くも考える時間が無くなったな、と思う。 別に正社員ではないのに、仕事のためにコンテンツを貪るようになったり、文字を書いたりXXエンジンの勉強をしたりしている。 ある意味健康的な…

今日は音楽のない日

今日も朝から労働した。 いつもなら大学でゼミがあるのだが、今日はゼミメンバーの都合により中止となった。 ただ、バイトは元々のゼミの時間に合わせて早く切り上げるようにシフト登録してあったので、いつもより早く帰る事ができた。 時間が空いたものの、…

四度と六度の間

僕は人間とコミュニケーションを取ることに対して極度の恐怖を感じているのではないかと思い始めた。 素性がわかる人間ならふざけたり笑ったりする余地があるものの、あまり仲良くない人に関してはその人の気持ちを全くもって推し量れないので下手に笑ったり…

近況

書き始め、21:02 労働し始めた 応募していたバイトに無事受かり、働き始めた。 今までやったバイトは軽い仕事ばかりだったが、今回の職場はいかにも会社というような感じ。 巨大な組織の中の一員として、同じものを作るというプレッシャーがすごい。 人間関…

星屑さえもない空

書き始め、00:30 最近メンヘラポエムばっかり書いているので普通のことを書こうと思う。

なんかしらんけど意識が高い

なんかしらんけど意識が高い。というか焦っている。 おそらくこのまま社会に放り出されるだろうという恐怖がそうさせているのだと思う。 息抜きのゲームでさえ集中できない。 焦って色んな物に手を出して中途半端になっている。 プログラム、物理の復習、な…

歌や詩になれないこの感情と苦悩

僕は目が見える。文字が読める。どの音階が鳴っているのか少しは分かる。 だけど僕は絵がかけない。人の心を打つ文がかけない。心を癒やすような旋律を奏でることができない。 インプットとアウトプットの間には簡単には埋められない溝があって、人はその溝…

文章を書くということ、思い出の話

ここ一月ほど記事の更新をしていなかった。僕は今所属している大学院をやめる決意を完全に固め、新しく他の大学院に入るための勉強をしている最中だ。 とはいえ、ずっと勉強ばかりしていると疲れてくるし、どうしても頭が熱くなってくるので息抜きをする。昨…

読書録をつけよう

2017年ももうすでに10日以上過ぎている。なんということだろう、もうすでに無為な時間を一週間以上も過ぎている。 何をしていたかと言えば、帰省して、下宿に戻ってきてTwitterを再開し、ひたすら寝るだけだった。また大学に行っていない。 今日でまたTwitte…

大学へ行こう

最近何をしたらいいのかわからない。今まで自分がどんな生活をしていたのか思い出せない。何故か講義に出ようとしても体が動かない。 勉強用の万年筆を握ったのは何ヵ月前なのだろう。大学の講義室へ行ったのはいつが最後なのだろう。 自分が無意味にとんで…

眼鏡を買った

タイトルの通りだ、眼鏡を買った。だが僕の視力はとてもいい。裸眼で1.0以上ある。高校時代は2.0あったが衰えを感じるので大体それくらいだろう。 要は、僕が買ったのは伊達眼鏡である。但し、ただのガラスを入れるのも癪だったので最近流行りのブルーライト…

嫌われる勇気

という本があるらしい。書店で見かけたがダイヤモンド社の本はなんとなく買う気にならなかった(強い偏見)。一応ダイヤモンド社が出している本を全く読まないわけではない。流行りに乗ってドラッガーとかは遠い昔に読んだ覚えがある。内容は覚えていない。 …

風呂

風呂に入れない。極度の乾燥肌なので風呂から上がった時のあのバリバリと乾いていくあの感覚が本当に嫌いだ。あと単純に寒い。脱衣所の気温と湿度がそれなりに保たれていれば入る気になるのだが、一人暮らしの狭いユニットバスでそんな贅沢は言えない。 しか…

マフラー

日本の都会では11月なのに雪が降ったらしい。しばらく気温が下がったままのようなので、これにて冬到来ということだろうか。 修羅の国もそれなりに気温が下がり、玄海灘から容赦なく吹き付ける冷たい風が僕らのキャンパスを襲い、あまりの寒さに今期初めてマ…

僕の好きなこと

僕は新しいものを見るのが好きだ。 それは、世界で初めての物じゃなくてもいい。 他の誰かがそれを見たことがあっても、それを知っていても、僕にとって新しければそれでいい。 僕は旅に出るのが好きだ。 見たこともない土地に人が住んでいる、見たこともな…