昇り降りの日々

学務様が見てる

気持ち

20191203

バイト 2時間近く残業してるし、マジで何してんの?って感じ。 その割に今日は仕事した感じがしない。 密度が薄すぎる。 時間 10時に帰ってきたけど、思いの外時間ってあるんですね。 まあYoutubeみて無駄にしたんですけど。 福島医師のドキュメントを見てい…

やりたいこと

多分僕がやりたいことは、仕事ってやつを全部無視するなら、自分の中のものをさらけ出す作業。 そしてさらけ出した分をまたどこかからか付け加えていく作業。 そうやって付け加えたもので揺れた感情から溢れるものを、また世にさらす。 これは仕事にならない…

誰かのふりをするのが上手い、と思う。 ここで言う「誰か」は特定の人間を指す言葉ではなく、自分が想像しうる「こう言う特性を持つ人間はかくあるべき」という空想上の要素を持ち合わせた人間のことだ。 でもこれは本物が見れば一瞬でバレる。 だから僕は常…

作る、造る、創る

企画が焦げ始めていた。 僕の手から離れてから焦げたので責任を感じる必要はないと言われたけど、なんだか辛い気持ちになる。 僕は一応、モノづくりの端くれと名乗っていいとは思っている。 もちろんお仕事として正規の会社員としてそれを生み出してるわけで…

無加工のキモチ

自分の心の底から湧き上がる感情を外部に吐き出す時、普通はそれを適切な形に加工して吐き出す。 適切な形というのは例えば他人への配慮、打算、損得勘定、その他諸々を考慮した形だ。 でもたまに、そういった加工ができない人間がいる。 その中でも「負の感…

四度と六度の間

僕は人間とコミュニケーションを取ることに対して極度の恐怖を感じているのではないかと思い始めた。 素性がわかる人間ならふざけたり笑ったりする余地があるものの、あまり仲良くない人に関してはその人の気持ちを全くもって推し量れないので下手に笑ったり…

方向

書き始め、00:18 どこに向かうべきなのか、そんなことをよく考える。 何がしたいのか、そんなぜいたくな悩みをいつも抱えている。 何をすべきなのか、そんなことは悩みたくない。 すでに大学院生活がしんどい 僕は何を思ったのか、次に行く大学院で元々やっ…

柚子の花のような

”汚れちまった悲しみに、なすところもなく日は暮れる” そんなことを言った人がいるらしい。 なすところもなく日も暮れたあとのこの時間、虚無をするのが嫌で本を読んだり、ゼミの予習をしてみたりする。 それでもやっぱり悲しみ、あるいは虚しさが消えなくて…

亡霊

あなたは幽霊を見たことがあるだろうか。 僕は、ある。一人だけ。 僕はずっとその存在を信じていなかった。 ただ周りの人間や世の中にあふれる書籍はみんなその存在を肯定していて、僕の知らないところで闊歩しているようだった。 必死で探してみた。でも結…

百道浜と室見川が見える丘

僕は出身を聞かれたときはいつも「沖縄」と答えるようにしている。 ウケが良いというのもあるし、自分の血のルーツが沖縄だというのもある。 ただ本当に心のそこから沖縄を『故郷』として慕っているかと聞かれればおそらく「ノー」である。 親が転勤族だった…

NOと断定できない事象とそれに伴う苦しみ

生きていると「こんなこと起こりっこないけど、でも可能性はゼロじゃない」という事案にぶつかることがある。それが危険回避の文脈で使われるのなら健全だと思う。 けれど「こんなことが起きて欲しいけど起こる確率はほぼゼロに近い、でもゼロじゃない」とい…

情熱が冷める時期

僕は自称アイマスPだ。かつてはすデレステべてのイベントを走り最低4桁入賞をし、取れる報酬はなるだけかっさらってきた。 モバマスも重課金とは行かずともそこそこガチャ回して大爆死なんてことをしていた。 担当は一ノ瀬志希と宮本フレデリカだ。別にユニ…

この先何をしていればいいのか

院試の筆記が終わり、一応一段落した。 一応面接が残っているけど、まだ筆記の合否がわからない。多分ダメな気がするけど。 院試に落ちたらどうするのだろう、と考える。 就職をするのか、大学院の冬入試を探すのか、このまま腐ってニートになるのか。 一応…

与えられた環境の中で生きる

自分は今特に大きな失敗や挫折をすることなくそれなりのところまで来ている。ただこれは自分で『勝ち取った』ものではなく『与えてもらった』ものなのではないかと思い始めた。 例えば、今所属している大学は結構すごいところだと思っている。そこに所属して…

文化と生産者と僕

文化と僕 我が家には文化がなかった。もしくは僕には文化に触れる機会が与えられていなかった。 部屋には漫画も小説もなかった。少なくとも両親は僕の前で読むことは無かった。 テレビも厳しく制限されていた。21時以降のテレビは見てはいけなかった。教育に…

「初めまして」と「さようなら」

導入 7月31日、弊学の中央図書館がキャンパス移転事業により閉館した。

死ぬまでにやっておきたいこと

旅行 日本一周をしたい せっかくこの島に生まれたのなら一回くらいやっておきたい。代表的なものを見ておきたい。 ヨーロッパに行きたい 史跡を見て回りたい。単純にここじゃないどこかに行きたいだけかもしれない。 音楽 ピアノが弾けるようになりたい 独学…

歌や詩になれないこの感情と苦悩

僕は目が見える。文字が読める。どの音階が鳴っているのか少しは分かる。 だけど僕は絵がかけない。人の心を打つ文がかけない。心を癒やすような旋律を奏でることができない。 インプットとアウトプットの間には簡単には埋められない溝があって、人はその溝…

評価

僕は何を基準にして生きているのだろうか。 自分が影響を受けやすい性格なのは知っているし、いろんなものを欲しがってしまう性格なのも知っている。 でも影響を受けやすいとは言え、世の中に存在するすべてのものを心に受け入れているわけではない。おそら…

文章を書くということ、思い出の話

ここ一月ほど記事の更新をしていなかった。僕は今所属している大学院をやめる決意を完全に固め、新しく他の大学院に入るための勉強をしている最中だ。 とはいえ、ずっと勉強ばかりしていると疲れてくるし、どうしても頭が熱くなってくるので息抜きをする。昨…

傲慢と脳内垂れ流し怪文書

他人に指図をするのは気持ちいいものだ。ましてその他人が間違っていたとしたら、義憤に駆られ、己の正義をも満たすことができる。 人間はきっと、感情で行動するときにある種の快感を覚えるのだと思う。その感情に酔い、状況に酔い、自分の欲望だけを満足さ…

僕は今のところ何者なのか

「ここまで来たらあるもので戦わなければいけない」ということを先輩に言われたことがあり、それが脳にこびりついて離れないのでとりあえず僕が今できることは何だろうかと考えてみます。

リセットボタン

脳の中がとっ散らかってるのでとりあえずアウトプットする。あとで書き直す。 小学生の頃、対戦ゲームをよくしていた。親に黙ってゲームボーイを持ち出し、友人のそれと通信ケーブルをつないだ。こんなシチュエーションで、ゲームが不利になったととわかると…

僕に近づかないで

こんな僕でも、少ないながら自信をもって友達と言える人はいる。 でもその中には、「きっと同じ大学や組織にいたら、友達になるどころか嫌われていただろう」という人達がいる。 彼らが言う「こんな人が嫌い」と言うものに僕はまるっきり当てはまっている。…

大人

自己紹介をします。 スクリーンネームははしご、もうすぐ大学院生の22歳です。 そう、22歳なのだ。わかるか、君は「大人」なんだよ。 本当は「社会人」として世にでて、「社会」に貢献しなければいけない歳なんだ、わかるかい?君は一円も自分で稼いでない。…