昇り降りの日々

そっとしておいてください

二次元アイドルの話

僕は二次元アイドル(アイマス)にはまっている。それを知ってる人からはよく「二次元は裏切らないからいいよねぇ、結婚もしないもんねぇ」と言われるが、そんなことはないと思っている。前にあったAKBの結婚発表も、自分が熱中していたコンテンツが突然理不尽に終了した、と解釈すれば、二次元にも起こりうることだ。コンテンツの寿命というのは僕らの年齢に比べ非常に短い*1。そして、何かしらの事件が起きないとも限らないので、いつか突然終わってしまうこともある。

つまり裏切る裏切らないは次元を選ぶ指標にはならない。ではなぜ僕は二次元のアイドルにはまっているのだろうか?

 

1, 虚構の中の現実を楽しむか、現実の中の虚構を楽しむか

前者は二次元、後者は三次元のことを指している。

二次元世界は作られた世界、いわば虚構である。しかしその中に入り込めば、そこで起きていることは全て真実になる。二次元のアイドル達は僕らの前で演技をしない、本物の姿を見せる。この世界では彼女たちは本当にトップアイドルになるし、本当に年をとらない。現実では起こり得ないことが、虚構に持ち込まれることで真実となり、現実世界よりも自由度がとても高くなる。但し、虚構の中から飛び出すことは出来ないので、現実を越えることは出来ない。しかし最近は多くのコンテンツが、二次元アイドルと三次元の声優やイベントと接続することでいくつかの問題を解消している。

対して三次元は、現実の中で作られたストーリーを演じる。現実の中でのアイドルは、仮面を被って演じているのか、素顔で演じているのか僕らには区別がつかない。設定はあくまで設定にすぎず、その裏には絶対に覆せない不変の現実がある。その彼女達の姿を受け入れ、彼女達の中に虚構を作ることでそれを楽しむことができる。

最近では、握手会など目の前に彼女達が存在することを認識させることで、その虚構が限りなく真実に近いと錯覚させている。そうすることで、現実世界の中で真実のストーリーがあると信じ込むことが可能になる。その快感は二次元のそれを遥かに上回るはずだ。(経験したことがないので予想だけど。)

 

もう少し書くことがあった気がするんだけど、思い出せないのでここまで。

 

明日からライブツアーの最終公演だ。多分魂が抜けるし、それが戻ってきたときまた書き足すかもしれない。

院試まで2週間しかない現実からは目を逸らしている。諸般の事情が重なり、6割で落ちると思っている。

*1:10年間この規模で続いているAKBとかが異常。