昇り降りの日々

そっとしておいてください

孤独

おそらく僕の精神の激しいゆらぎは、周りに人がいるかいないかで大きく変わっていると思う。

関わりやすい、大好きな友達と過ごす時間はめちゃくちゃに楽しいがそれが終わったら鬱状態へ真っ逆さまである。

 

高校時代に発狂しなかったのは、家族や友人が周りに必ずいて、誰かと一緒にいる時間の中から一人でいる時間を作っていたからだ。

今はその逆で、一人でいる時間から誰かといる時間を作る。もはやその労力が捻出できなくなってきたし、もはや家族といるのもしんどい。そんな贅沢な心になってしまったがために、発狂しやすくなってしまった。誰か僕を救いに来てくれ。共感してくれ。僕の話を聞いてくれ。