昇り降りの日々

学務様が見てる

充実した休日

金曜

酒を飲んでぶっ飛んでいた。
千代の富士、覚えた。

自己管理が下手くそだし案の定二日酔いになった。
タバコを吸ったのは間が持たなくなったからではなくマジで我慢できなかったからです。

土曜

ぶっ倒れていた。
昼過ぎにPrimedDayで注文していたKindleが届いたので、家に引きこもって全ての電子機器の電源を切って積読を崩すことにした。
メインディッシュは三体。
読むからにはちゃんと読みたいな〜と思って放置していた*1

www.amazon.co.jp

結果的にめちゃくちゃ面白くて6時間くらいで一気に読んでしまった(読むスピードが遅い)。
これだけページ数があって読むのにカロリーがいる本をこんなにさっさと読み切れてしまうものなのかと違う方面で感動してしまった。
詳しくは書かないが、考えていたスケールとは桁の違うものが何度も何度も上限を更新していくあの感覚が麻薬のように気持ちよかった。
ちょうど2/3読んだときに現れたあの3行のボールド体でめちゃくちゃ鳥肌が立って「キタキタキタぁ!!!!!」って外で声を出してしまった(外で読んでた)。
そうなんだろうな→そうはならんか→そうなるんかい!!→ならんのかい……→いやそうなるのはわかるけどそうはならないだろ!!!!!!!(?)を繰り返した後に現れる真実の大きさ、予見できたはずのオチなはずなのにそれが暴力的と言っていいほどの「脳を理解させようとねじ伏せようとしてくる情報の塊」が頭を揺らしたような感じだった。
続巻を読むかどうか悩んでいる(最終巻の日本語版が発売されていないので)。

日曜日

早起きしたけど祖父母と雑談してから家を出たので、12時過ぎにスタバについた。
ちょっと研究を進めたところで飽きてしまったので美術館でも行くか〜と思って上野に行った。
記録は健全なブログの方にまとめた。
いい日だったなぁ、おそらく女性からすれば余ったものを処分したにすぎないのかもしれないけど、僕は心がすごく温かった。

Kindle unlimited

10冊くらい雑に読んだけど、同じ内容の自己啓発本しかなかった。
漫画はハナヤマタが全巻読めるみたい。

www.amazon.co.jp

ビジネス本の類だと唯一、秋元康の本が面白いと感じた。
書いてあることはバイト先でも言われる割と聞き飽きたような内容だけど、解釈とか例えとか実例が独特すぎて面白い。
3割くらい『いやその例えは違うだろ……』と感じたけど。

企画脳 (PHP文庫)

企画脳 (PHP文庫)

  • 作者:秋元 康
  • 発売日: 2009/05/02
  • メディア: 文庫

他におすすめがあったら教えてください。

*1:そういうふうに考えているからあらゆるものを先送りにしてしまう。悪い癖だ

先週

雑に。

月曜

あんま覚えてない。 確か一瞬だけ大学に行ってすぐ帰った。
ねむるってラーメン屋さんがうまかった。
めちゃくちゃ海鮮臭かった。蟹みたいな匂いがした。

火曜

バイトしてしんどくなったので近所で王将を食った。
飯食ったことを忘れてゆうじんと飯を食いに行った。

水曜

夢の国にいた。
一重の細目のお姉さんが目尻に朱さしてるのかわいかった。

木曜

内定式があった。
めちゃくちゃ簡素だったしやる必要がなかったように感じる。

金曜

一瞬だけ大学に行った後スタバで作業した。

土曜

丸の内を徘徊していたら1日が終わった

日曜

祖父母が帰ってきた

その他

家の外じゃないと作業ができない

200926, 27、土日

昨日

7時前には起きて、さっさと準備をして、8時前には家を出てアキバに向かった。
スタバで4時間くらいデータ取得用のプログラムと格闘していたのだけど、結局データそのものが壊れていたので何も進捗がえられなかった。
14時くらいに離脱して、電車の中で爆睡し、家に帰ってからずっとスマホいじってたら23時くらいになってた。怖い。
帰って絵をかこうかな〜とか思ってたのに、どうしてこうなってしまったのだろう。
若干焦りがあったので、11時半から2時半くらいまで絵を書いてから寝た。
夜更かししてもいいことないし、家に言える時はスマホの電源を切っておいたほうがいいかもしれない。
Kindle読もうとしてYoutube見てたら本末転倒だし。

今日

8時半くらいに起きて、また秋葉で作業した。
明日の見通しがたったのでよしとする。
何も予定がない日は普段通り起きて秋葉でも神保町でも大学でもどっかでだらだら過ごすほうがいいかもしれない。

飲み食い買い

  • 秋葉の背脂醤油ラーメン、うまかったけど味が濃いし腹がもたれまくったので、しばらくはいいかな。結局晩飯も食べなかった。
  • スタバの大学芋、めっちゃ美味しかった。高いので頻繁には飲めなさそうだけど。
  • 上田麗奈さんの写真集。芸術方面に振り切れてて良い。
  • 三峰結華さんのクリアファイルとアクスタ。キャラクターグッズを買ったのは1年ぶりくらいな気がする。もっとかな。

今週の予定

  • 月曜:授業受けて昼飯食ってから大学行く
  • 火曜:バイトして次の日の準備
  • 水曜:遊び
  • 木曜:朝イチで作業しにいって早めに切り上げる、どうせ疲れてる
  • 金曜:朝イチ作業
  • 土曜:絵かゲーム
  • 日曜:友人と飯

研究にさける時間ほぼないな。月曜にどれだけやれるかにかかってそう、なんもしたくないけど卒業はしたい


open.spotify.com

200925

今日

0130-0800、さっさとねればよかった。
まだ寒いが、昨日よりはましな気がする。
薄手の長袖シャツにパーカーを羽織ってみたけど普通に暑かった。
座っている分にはいいが、移動の時は少し汗が滲む。
これくらいの気温の時は、長袖一枚着るか半袖の上にパーカー羽織るかどっちかかな。

バイト

今日こそ進捗を産むぞ、とぼんやりとしたやる気に満ち溢れていたが、いざやり始めると全く進まなかった。
考えてみると、作業Aがうまくいかないから作業Bを進める、というやり方を繰り返していたので何も進んでいなかった。
作業Bを開始するための情報を整理するところだけで作業をした気になって、また別の作業Cをやり始めて情報の整理をする、みたいなことをずっとしている。
やるべきタスクを適切な解像度で書き出して、その進捗具合を常に意識してないと何も終わらない。
調子のいい時の自分に依存せず、もっとシステマティックに「こうすれば必要最低限は作業が進む」という仕組みを作りたい。

あとで焦って泣くのは自分だ。

午後

3時くらいから家を出て、電車内で適当にTeXをまとめた。
スタバによって勉強しようと思っていたが、ありえないくらい人がいたのでサイゼリヤでピザを食べながら作業した。
明日までにTeXのまとめと実データのエラーチェックをしたい。
Normed Modelに後輩のとったデータを入れ込めば結果そのものはどうにかでると思う。
やるにしても、今の速度だと今日の夜から一晩中回し続けないと月曜の報告までには間に合わない。
サーバー上のプロセスはさっさと終わらせて、今日中に回し始めておきたい。

定期券

交通費で財布が薄くなっていかない精神の安定感がすごい。
1日の予算を1000円ちょい(1週間の間である程度やりくりする)と決めているのだが、交通費っていちいち確認しないので、それも含めて1日どれくらいお金を使ったか計算しようと脳がサチって過剰にお金をつかうようになってしまう。
目に見えにくいお金で、予めまとめて払っておけるものはもう先に払っておいたほうが良いのかもしれない。
病院とかも給料日の直後に行くとか。
借金すると途端に何も計算できなくなるし、余裕のある予算を組んでおきたい。

食べ飲みしたもの

  • バイト中の昼飯は何食べても特に影響はない(15時に切り上げるので)。きょうはパスタとシラスを混ぜたものを食べた。
  • サイゼのオレンジティー、開けた時いい匂いはするけど、いざお湯を入れると匂いも味も普通の紅茶になるので変な感じする。
  • アップルティーは匂いがすごい。味は普通。

田村ゆかりさんいいっすね
最近このアルバムばっかり聴いています。

open.spotify.com

200924

今日

睡眠

0030-0650
割とスッキリ起きた。

活動

寒い。
今日の気温は高くても22度らしく、お風呂から上がるのもちょっとしんどいくらいの寒さになってきた。
服は長袖をきた。

台風が来ると聞いていたが、昨日の時点で予報に曇りが混じっていたのでどうせ影響がないだろうと踏んで映画の予約をしておいた。
9時開始の分を予約してしまったのでかなり駆け足で準備をして電車に乗り込んだが、あんまり汗をかかなかった。

見た映画はヴァイオレットエヴァーガーデン
テレビ版の時から大好きな作品だったので、この劇場版をずっと楽しみにしていた。
ネタバレをしたくないので感想は個人的にまとめるにとどめるが、とてもいい物語とその終わりを見れたと思う。

映画を見た後はスタバで研究を進めて帰った。
スタバラテのおかわりを恒久化して欲しい。一生飲める。

定期がある間はお金が減る感覚があんまりなくて手元にお金がだぶついていたから逆に節約してたけど、今はかなりカツカツで1週間の限度額を一度超えるといくら使ったかわからなくなる。
固定で払う金は予め予算に入れておいて、それ以外の金を余裕を持ってやりくりするようにしないと、脳味噌を使う疲労を理由にしてまた散財してしまう。
電車賃って結構馬鹿にならない。

来週からもう少し徹底して同じ金額で過ごせるようにしないと引越し費用が消える。
授業料も。

明日はもっとよくならない

今日はあまりやる気が出ないけど明日なら。
明日ならもっといいアイディアが出る。
残念だけどその明日は永遠にやってこない。
人類の歴史の中で何回も言われてきたであろうし、きっとみんな耳にタコができるほど聞いてきたことだと思う。
けどそれがわかってて尚行動を改められないのが人間で、家に篭っているとまた何もせずに布団の上で24時間を過ごしてしまう。

ところで、その明日は永遠にやってこないという言葉は物事を始めることに対してずっと使ってきていたけど、終わらせることにも適用できるらしい。
"Done is better than perfect"とも言うが、じゃあなんでDoneできないのかと言うと明日にはもっといいもの(そしてそれは『新しく作るもの』を念頭に置いている)ができることを期待しているからだ。
言葉だけ教訓として知っていても人間は怠惰なのでそれだけでは向上できない。
踏み込んで考えてみれば、僕の怠惰は明日への期待を言い訳にしている。
だから自分に最適化した言葉は『明日はもっとよくならない』。

200922, 23

22

映画をみました。
難しい話をしているようで、ストーリーそのものは分岐せず一本のルートで出来ていて、かつそれを逆向きに回すから伏線改修をする際に視聴者が過去の出来事を思い返す必要がないのはかなり画期的だなあと思いました。
コナンと同じで、どんだけ難しいトリック使ってても最後ドンパチしてればオールOKな感じがある。

あとパンケーキも食べました。
金がないのにコーヒーを頼むべきではなかった。
感動するほど美味しいってわけではなかったけど、体験そのものにあの額を払ったならまあ妥当な金額なのかな、とも思った。
僕のような人間は野良飲みが一番向いてるなあと思い直した。
結局最後野良飲みして帰ったし。

6000円くらい使った。

23

家で勉強できないし、図書館も研究室も使えないので、羽田空港で研究を進めてみた。
思いの外快適で、机もあるし、コンセントもあるし、Wifi(ただし激弱)もあるし、場所変えすると気分転換になるし、月一くらいで利用してもいいかもしれない。
全てのターミナルを見て回ったのだけど、やっぱり活気がない。
国際線ターミナルは顕著で、出発のボードはぱっと見アメリカ中国を中心にかなりの本数があるように見えたけど、備考欄を見たら全て欠航にになっていてゾッとした。
出発ロビーの上にあるお店通りもほぼ全てしまっていた。
展望デッキからも景色を見たけど、明らかに離発着する飛行機の数が少ないし、使わなくなったと思しき飛行機が端の方に寄せられていてなんか悲しくなった。
飛行機を見れば乗りたい欲求が収まるかなと思ったけど高まっていく一方だった。

お勉強はだいぶ進んで、コードを書く所はかなりきれいにかけたと思う。
forが遅すぎるので内包表記とかでもどうにもならないような気がする。
どうしよう。明日先輩に聞いてみよう。

話す

話すのがどんどん下手くそになっている気がする。
自分から人間と話す機会を作らないと、脳味噌から単語を取り出す能力が衰えていく。
こんなふうにブログだけかけてもしょうがない……

気温

だいぶ肌寒かったので毛布で寝た。
外に出てみるともうそろそろ半袖だときつくなるかもなあ、というくらいの気温だった。
天気予報を見てみると、来週の晴れの日の気温が雨の降っている今日と同じくらいの気温と同じくらいだったので、10月以降天気がぐずついたら長袖に変えるタイミングなのかもしれない。
引越しに備えて夏服は全部ケースにしまおう。

楽しいと思えるものを書いた方が良い。
なんか最近義務感があったので、下手くそでもいいから出来るだけリスポーン地点を先に先に進める作業をしていきたい。
同じものにずっと向き合い続ける3ヶ月方法はちょっと無理かもしれない。

呪い、飽き、実在性

昨日

ロリガ展に行って、夜は大学同期とZoom飲み会をした。
健全な方のブログに書いた。

ladder-frck.hatenadiary.com

今日

早起きしたけど、眠すぎて二度寝して12時に起きて、さらに17時までTwitterとかYoutubeとかまとめとかニュースとか見て17時まで布団から出なかった。
最悪な気分だったので、風呂に入って買い物をして、麻婆豆腐を自分で作った。
今日も特に何もしていない。

実在

ドラマティックな世界は、遠い煌びやかな雲の上の目に見えないどこかにあるような気がしている。 目に見える世界以外にも、僕と同じように一人一人意識を持った人間が生活をしていることをいつも忘れてしまう。
だからどこかに旅に出るたびに、いつも「ここには人が住んでいて、僕の想像の中にしかない世界もきっと存在するんだ」と簡単な事実に感動する。
でも考えてみたらそれは当たり前で、僕たちの住んでいた小さな島の端っこの、学校のベランダや廊下の日常にもドラマがあったように、人間が相互作用する場所には必ずそれが存在する。

港町の背の低い建物、煤けたコンクリート、不相応なガラス張りのタワー、ネコバスのように林を通り抜ける電車、作られたみたいな街の中にいるのは観光客だけで、だけど確かに街の息は聞こえる。
草むらに、木陰に、石の裏に隠れた生き物たちが這う振動やうねりがその土地の生を作っているように、この街もここで確かに生活をしている人たちの静かな蠢きが感じられる。
きっと僕の想像するドラマよりももっと激しかったり、悲しかったりすることがここにはあるのだと思う。

あき

どんなものにも飽きはくる。食べ物でも、好きな子でも、趣味でも。
それは変化の乏しいものを全て食べ尽くしてしまったことで起きるもので、暴食しがちな僕には割と早い段階で飽きがやってくる。

少しずつ変化するものは自分がそれに対する信頼を保ち続ける限り好きでいられる。
今土地に抱いているワクワクは「ここにはまだ何かがある」という気持ちと、いつかくる冬への期待だと思う。
だけどそれを達成してしまったら多分すぐに飽きる。

生きている街は少しずつ変化をしている、僕は今のこの街が好きだ。
だけど何に期待をしているのか見出せずにいる。
この核を見つけることは、僕の中の『好き』のエッセンスを見つける鍵になると信じている。

open.spotify.com